Archive for the ‘鹿児島県・喜界島’ Category

posted by on 鹿児島県・喜界島

10月23日 南港倉庫にて喜界島産のごまの検品を行いました
 
喜界島から到着した原料ゴマを広大な南港の倉庫で検品です。素晴らしいゴマが到着しています。
————————————————

9月24日 喜界島訪問の2日目です。
 
加藤喜界町長と和田社長の初対談です。加藤町長からは、今後の栽培地拡大に向けての力強いお話をいただき…和田萬への協力の要請をいただきました。和田社長からはゴマ栽培のレベルアップのお話とその情報交換をしました。大変有意義な形で、双方の合意がありました。
    
その後、喜界町小野津の栽培者である池田さんとお話ができました。こちらは「3房6室」の島ゴマです。在来種特有の性質で、島内でも種類が若干違います。
——————————————————–

9月23日 鹿児島県喜界島を社長と訪問
濃厚でコクのある特有の味と香り高い「喜界島の白ゴマ」です。粒ぞろいで色つやも最高です。
 
キビ(さとうきび)畑の隣にゴマの畑が存在する…これも喜界島特有の風景です。
  
在来種ながら…「4房8室」の喜界島特有のゴマ品種です。
喜界島名物…セサミロードでの和田社長です。果てしない道が印象的です。

posted by on 鹿児島県・喜界島

●10月31日 続々と喜界島から新穀のごまが入荷しています。
091031kikaijima.jpg
国産ゴマ入荷シーズン真っただ中です。
もうすぐ採れたての白ごまをお届けできます。

—————————————————–

●8月9日・10日 鹿児島県・喜界島のゴマ栽培
090809kikaijima-1.jpg 090809kikaijima-3.jpg
ごまの乾燥風景です。 外国のように豪快です。
090809kikaijima-4.jpg   090809kikaijima-2.jpg
圃場は本当に広大で、乾燥風景がよく似合う島です。唐箕で選別する様子です。

——————————————

●7月29日 鹿児島県・喜界島訪問・2日目
090729kikaijima.JPG
本日は喜界島の加藤町長をお訪ねしました。
ごまに対するお話を色々伺うことができました。
ご提案も頂きとても有意義な時を過ごすことができました。
喜界島の皆さん、どうか今後ともよろしくお願いします!

弊社スタッフの訪問記は下記をクリックしてご覧いただけます。
7月29日・松岡のブログ)(7月29日・和田武大のブログ
—————————————————–

●7月28日 鹿児島県・喜界島へ訪問・1日目
090728-1.JPG
喜界島の白ごま圃場を訪問しました。
090728-2.JPG
白ごまの花が咲いています。
090728-3.JPG
向かって左端と2番目の女性は、藤廣さん御夫妻です。
そのお隣は三善さんご夫妻、2列目右端の男性は33歳のマスダさんです。
弊社の松岡の左隣の方は西さんです。
みなさん今後とも宜しくお願いします。
———————————————–

●7月7日 鹿児島県・喜界島の三善さん
090707.jpg
鹿児島県・喜界島はおよそ100ヘクタールのゴマ栽培がされています。
まさしく…日本最大のゴマ栽培地です。
その喜界島で白ごま栽培に取り組んで頂いている三善さん御夫妻と
御子息の貴広さんがわだまんの八尾工場へお越しになりました。

過去のページはこちらをどうぞ
※2008年度の鹿児島県・喜界島のゴマ栽培の取り組みの様子
※2007年度の鹿児島県・喜界島のゴマ栽培の取り組みの様子
※2006年度の鹿児島県・喜界島のゴマ栽培の取り組みの様子
※2005年度の鹿児島県・喜界島のゴマ栽培の取り組みの様子
※2004年度の鹿児島県・喜界島のゴマ栽培の取り組みの様子

posted by on 鹿児島県・喜界島

●10月4日 大阪市住之江区の南港にある上組倉庫に和田萬のごまやんメンバーが集結。
喜界島から届いた今年とれたてホヤホヤの白ごまの品評チェックに行ってきました。
20081004-12.jpg
【胡麻をチェックするごまやんメンバーたち。】
ごまやんメンバーが今年、
 期待している国産白ごまの主要生産地なので、
 メンバーも集合したときから気合いが違いました。
 倉庫に入るときからみんなもう腕まくりして、
 何やったら ハダカになったろかー!・・・ニイさん、
 そりゃ行き過ぎですよ。

 上組の巨大な倉庫に入り、しばらくすると倉庫の奥から
 フォークリフトで次々と胡麻が運ばれてきました。
 メンバーが勇んで袋を開けると、

 「おぉ!開けゴマ・・・」
 袋の中にはまばゆいばかりに白く輝くゴマが。
 湯気がたちそうなほどホヤホヤした感じ。

 そのまま食うたろか・・・いやいや、これからちゃんと焙煎し
 ておいしくするんやから。
 それより今日は品質をチェックしにきたのです。
20081004-22.jpg
【若干色のバラツキあり。とはいえ、なかなかのものです。】
品質のレベルは、ゴマヤンメンバーが想像していたより
 はるかにすばらしく、袋を開けるごとに「これもええぞ!」
 「こっちもきれいや!」と、感嘆の声があがっていました。

中には乾燥が甘くしめり気味なゴマもありました。

 これからゴマを収穫、出荷するかたがた、
 しめったまま出荷すると虫がわくおそれもあります。
 天日乾燥をきっちりおこなってくださいね。それが、
 きれいにできたゴマをきっちりと出荷するコツですよ。
20081004-32.jpg
【色も均一ですばらしい品質のゴマ。うっとりしてしまいます】
結局30トンあまりのゴマの中から1トン、
 特にすばらしい品質のゴマを選びました。
 これを今年最高級白ごま製品として販売する予定です。

 さあ、ワクワクしてきました。
 とれたてツヤツヤのゴマが食卓にのるのは、
 もうすぐですよー!
—————————————————————————–

●8月27日・28日29日・30日
白ごまの栽培地である鹿児島県・喜界島へ訪問
200808-12.jpg 
素晴らしい実りの「白胡麻」です。
200808-22.jpg
今年の喜界島白胡麻播種面積はおよそ「90町部」
およそ200名以上の農家の方達により栽培されています。
200808-32.jpg
島…ならではの乾燥風景が広がります。
200808-42.jpg
「サトウキビ畑」の間に広がる胡麻の乾燥風景です。

——————————————————————————
●7月24日・25日
ごまの写真が届きました。
20080724-11.jpg
見事な胡麻畑です。
20080724-21.jpg
ゴマの花がきれいに咲いています。
20080724-31.jpg
好天に恵まれ一部刈り取り
 乾燥工程に入ってます。

posted by on 鹿児島県・喜界島

8月27日28日29日30日
鹿児島県・喜界島へ訪問。
ご覧ください!雄大な島の風景に溶け込む胡麻畑です。
iaceacieeeiithaoeae.JPG
一面に咲く白ごまの花です。
iiieeoeaio.JPG
街中いたる所でこのような乾燥風景が見られます。
aaeyaci.JPG
池田さんです。
aoaauo.JPG
岩田さんです。
aaauo.JPG
屋(オク)さんです。
uo.JPG
奥山さんです。
acuo.JPG
小野津地区の胡麻栽培農家の皆さんです。
iiaaaieioeaicycaeieya.JPG
橋本さんです。
euuo.JPG

posted by on 鹿児島県・喜界島

2006年6月22・23日 鹿児島県・喜界島にて
20060623-kikai1.JPG

20060623-kikai2.JPG

                 橋本さんです。               三倉さんです。 

20060623-kikai3.jpg 20060623-kikai4.jpg