2019/11/4

11月
2019
06

posted by on ▶ わだまん圃場(ごま共同オーナーの畑), 奈良県

11月4日(月曜日)

さわやかな秋晴れのもと、ごま栽培の最後は、選別(乾燥したごまを莢からはたき落とし、茎や葉、ごみなどと分ける作業)です。

オーナーさん17名、農家さん、そして和田萬スタッフ、総勢30名。今日もよろしくお願いします。
IMG_4637

しっかりと乾燥されたごまを逆さまにして、トントンと叩くと、莢からごまがざーっと落ちてきます。IMG_4643

IMG_4645

IMG_4657

大きなごみと、ごまをふるい分けます。IMG_4675
篩(ふるい)が手に入らない場合は、網などでも代用できます。
ごまの粒は下に落ちて、大きな葉っぱやごみは残ります。
この網の穴の大きさは2ミリくらい。IMG_4678

大きなごみが取れたら、「唐箕(とうみ)」の登場です。IMG_2069

ハンドルを回して、風を起こすと、一番軽いくずは外へ飛ばされます。IMG_4687

きれいな金色のごまが、出てきました。IMG_4712

集合写真補正
ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。
そして、一年間ありがとうございました。

選別したごまは、和田萬の工場へ行き、石やごみを丁寧に取り除き、きれいに洗って、来年2月ごろにかけてオーナーさんのお手元に届きます。楽しみにしていてくださいね。